女は女である

雑記帳

20歳

20歳になってしまいました。誕生日や元旦などひとつひとつの節目に感慨深さを感じ、純粋に気持ちを引き締めたくなる自分は大切にしたいもの。

今年の一年は、美しいものにいっぱい触れたいなと思ってる。心の琴線に触れるようなものたちにいっぱい触れたい。

映画であったり、小説であったり、芸術作品であったり、日常のふとした風景であったり、友達の何気ないことばだったり、美しいものに対してはうんと敏感でいたい。美しいものを採集して暮らしたい。

ものの美しさに心が動かされる瞬間こそが、本質のようなものに近づいていると思える瞬間。